今時

【コロナ差別】親父⇒「もう実家へは帰ってくるな。第一号の感染者は、コロナだけでは済まない」

全国で信じられない様なコロナ差別が発生しています。自分がもし、コロナにかかったらどれだけ不安か。少し想像力を働かせれば分かる事です。ここぞとばかりに必要以上に感染者やその家族を誹謗中傷する人は、本当に人間として残念です。

不安な日々が続く中、日本各地で信じがたい「コロナ差別」が…

感染している学生の名前や住所を教えろ」「殺しに行く」(朝日新聞、4月8日)、「学生を殺しに行く」「学生の住所を教えろ」「大学に火を付ける」(毎日新聞、4月16日)、「殺す」「この時期に海外旅行なんて生物兵器かよ」(北海道新聞、4月20日)。

これらはすべて、集団感染が発生した京都産業大に寄せられた脅迫電話やメールの文言である。さらに同大では、学生がアルバイトの出勤を拒否されたり、職員の家族がこどもの保育を断られたりする被害も出たという。

引用元:gendai

この問題はとても身近で、恐ろしい問題です。感染することも恐ろしいですが、感染したことで周囲の人から非難を受けるのも非常に恐ろしいです。

ある家庭では、家族の一人が新型コロナウイルスに感染したことで周囲の人から誹謗中傷を受け、その地域にいられなくなった方もいらっしゃるそうです。

不安という感情は伝染しやすく、自分の身近にコロナが迫ってきたら、つい不安で感染者を誹謗中傷してしまう。そんな心理も分からなくはありません。

しかし、普通の倫理観ある人間は少し想像力を働かせて、もし自分がコロナになったらどれだけ不安かを考え、思いとどまるはずです。

間違っても「殺しいく」なんて発想が生まれるはずがありません…

【コロナ差別】についてネットでは…

こういう時こそ、倫理観を大切に、お互い助け合っていかなければいけないのに、必要以上に誹謗中傷に走る人はそんなことも分からないのでしょうか??