芸能

槇原敬之被告、もはや隠す気なしの潔さ。ファンに対しての衝撃の告白がコチラです。

シンガーソングライターの槇原敬之被告の初公判が行われ、注目が集まっています。

槇原敬之被告 起訴内容を認める 覚醒剤所持の罪など 初公判

歌手の槇原敬之被告が覚醒剤を所持していた罪などに問われている裁判の初公判が開かれ、被告は起訴された内容を認めたうえで「関係者やファンに本当に申し訳なく思っています」と謝罪しました。

歌手の槇原敬之被告(51)は、おととし、東京 港区のマンションで覚醒剤や危険ドラッグを所持していた罪に問われています。

新型コロナウイルスの感染が拡大したあとでは初めて多くの傍聴希望者が訪れる裁判となり、傍聴席の抽せんが行われ、29席に対して希望者は510人で、倍率は17.6倍となりました。

槇原被告は、黒いスーツ姿で法廷に入り、軽く頭を下げてから弁護士の横に座りました。

裁判官から職業を問われると「シンガーソングライターです」と答えました。

そして、裁判官から起訴された内容に間違いがないか問われたのに対し「ありません」と述べ、起訴された内容を認めました。

被告人質問では、弁護士から現在の気持ちを問われると、被告は「自分の音楽活動に関わる人や応援してくれるファンの方にこのようなことになってしまい、本当に申し訳なく思っています」と謝罪しました。

また「デビュー30年を記念した年で全国ツアーを企画していましたが、すべてキャンセルになり情けなく思っています」と話しました。

違法薬物の入手元については、「前のパートナーです。ほかにはいません。パートナーとはおととし3月に関係を解消しています」と述べました。

被告は髪を短く切っていて、保釈された時にたくわえていたひげは見えませんでした。

検察は「20歳の頃から危険ドラッグを使用し、その後、覚醒剤にも手を出し、過去に有罪判決を受けたにもかかわらず、再び入手した。違法薬物への常習性が高く、依存性もある」と述べ、懲役2年を求刑しました。

一方、被告の弁護士は「今は違法薬物を使う環境になく再び手を出すことはない」として、執行猶予のついた判決を求めました。

引用元:NHK

判決は来月3日

傍聴席で見た槇原被告のファンは…

1 2 3