今時

アビガンは新型コロナウイルスに対して効果あるの?安倍首相の会見で触れられた新薬について解説!

新型コロナウイルスが世界中でまん延する中

先日の安倍首相の会見で名前が出された「アビガン」

という新薬、実は日本の富士フイルム富山化学が開発した

抗インフルエンザウイルス薬なんだそうです。

現状一番効果があるとされているのは、抗HIV薬の治療薬が有効とされてきましたが、それ以上の効果が見込まれるのでしょうか。

アビガンとは

今年の3月に抗インフルエンザ薬として承認され、インフルエンザ治療薬の切り札的なポジションに位置していました。

一般名は「ファビピラビル」とういうRNAポリメラーザ阻害薬です。

RNAウイルスを体の中で増殖させないようにする働きがあります。

インフルエンザも、新型コロナウイルス感染症も1本鎖のRNAウイルスと言われるもので。同じように効果が出ることが期待されています。

既に中国では、効果が出ている?

この「アビガン」という薬、実は流行が始まった1月時点で

中国では、実際に患者に対して地治験が行われていたそうです。

その結果、大きな副作用も認められず

統計的に、新型コロナウイルスに対して有効であるという

結果が出ているそうです。

このデータを受けて、日本でも約2万人分の保存がされているとのことです。

この薬の問題点

ただ、副作用として恐れられているのが、動物実験での際

妊娠中の対象個体に薬を与えたところ、「催奇形性」が認められたそうです。

これは、生まれてきた乳児が変わった形で生まれることです。

ですので、妊婦の方には、おそらく使用できないだろうと言われています。

アビガンに対して世間の反応は?

大村先生のワンダードラッグが新型コロナにも有効という研究結果が出ています。アビガンといい、イベルメクチンといい、日本が大活躍の時代の予兆のような気がして興奮しています。

引用元:エミンユルマズさん

妊婦さん垢のツイで「アビガンって薬効くんだ〜!よかった〜!」って感じのを見かけましたが、アビガンは妊婦の方は飲めません。赤子が奇形児となる可能性があるためです。ですから妊婦さんとその周りの方はそもそも感染しないよう、他人の何十倍何百倍気をつけてくださいね…!

引用元:mizukiさん

昨日、重症化直前でアビガンで回復した友人と会話。どうも医者の話によると、ウィルスの感染力が明らかに高くなる保菌者がいるらしく、比べて全く少ない人もいると。行動履歴だけが要素とは思えない差らしく、その人の体質要因でウィルスの感染力に影響するのかも、と。

引用元:林 信長さん

日本でも、いくつか超えないといけない問題があるそうですが、有効であるなら、一刻も早く患者さんのもとに届けてあげて欲しいと思います。

まとめ

日本の企業が開発した「アビガン」

インフルエンザと同様の配列を持つ、RNAウイルスを繁殖させない働きを持つ。

中国ではすでに、新型コロナウイルスに対して有効であるという臨床結果が出ている。

妊婦が使用すると乳児の体型が異形になる副作用がある可能性がある。

もしも、アビガンが効き目を発揮して、新型コロナウイルスへの武器になりえるなら、世界的にも素晴らしいことです。
今後の先行きも分からないまま、日々感染者が増え続けていく中で、こういった薬の話については特に、期待と感心が高まります。

新薬開発のプロセスも、様々な段階があって、本当に患者さんに届くまでは時間がかかるものなのでしょうし、想像を絶するほど大変なんだと思いますが、
一刻も早く新型コロナウイルスの治療薬を開発できなければ、
人類がもっと大変なことになってしまいます。

薬が開発されるまでは、とにかく、感染の予防に努めることが重要です。政府の方針で、日々国民に要請されていますが、
私たち一人一人にできることは、
引き続き「三つの密」密室、密集、密接を避け、人との距離を保って感染予防に努めまることではないでしょうか。