今時

橋下徹さん「10万円給付なんて要らんやろ」国民から反感を買ってしまったその発言とは…

[affi id=2]

元大阪市長の橋下徹さん(50)が21日自身のTwitterを更新しその内容に注目が集まっています。

橋下さんのTwitterより

元大阪府知事の橋下徹さん(50)が21日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策として政府から発表された10万円の一律給付に対する持論を展開した。

 「10万円一律給付金 給料がびた一文減らない国会議員、地方議員、公務員は受け取り禁止!となぜルール化しないのか。その上で、それでも受け取ったら詐欺にあたる、懲戒処分になると宣言すればいいだけなのに、これも各自に任せるといういつもの無責任政治。国会議員でも絶対受け取る奴はいるよ。」とつづると、続けて「感染のリスクの中で奔走している現場の公務員たちには、たっぷりと特別手当を支給すればいいだけ。それ以外の公務員は給料もボーナスも満額支給で生活は安泰なんだから10万円給付なんて要らんやろ。議員は特に要らんやろ!」と展開した。

引用元:YAHOOニュース

大阪市長時代、身を切る改革で、真っ先に公務員の給料をカットした実績のある橋下さんからすれば、今なおこの状況で普通に税金から満額の給料をもらっている国会議員たちの神経が知れないのでしょう。

しかし、一方で、新型コロナウイルスの感染拡大と最前線で戦っている公務員もたくさんいます。

橋下さんの発言について、ネットでは賛否両論様々な意見が見られます

橋下徹さんミヤネ屋でも…

橋下さんの勢いは衰えることなく今度はミヤネ屋でも…

この日の番組には、元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)がスタジオ生出演。5月6日とされる緊急事態宣言の期限が迫る中、橋下氏は「政治家の覚悟や国民の覚悟がいるんです」と話し始めると、「財務省とか地方の財務局とかお金のヒモを握っている方は職務として、(経済活動自粛を続けると)国が倒産してしまいます、国家が破綻してしまいますと言うわけです。いざとなったら、こういう緊急事態だから国家破綻やむなしと。国家破綻してもいいから、札を刷りまくって、一部、犠牲になっている人たちをサポートするんだということを国民の総意としてするのか?」と問題提起。

 最後には「国民が国家の破綻やむ無しという覚悟を持てるかです。それがいやなんだったら、経済活動をある程度、再開しなきゃいけない。そうすると、ある程度(感染による)死亡者数は増えますよ。死亡者もある程度、やむ無しというのか、それとも国家の破綻をやむ無しというのか、どちらかの覚悟を腹くくってやらないといけない」と言い切っていた。

引用元:yahooニュース

Twitterでは…

個人的意見

個人的に、橋下さんの事は嫌いではないのですが、はっきりした物言いで、あたかも正論の様に過激なことを口走るのはちょっといただけません。

国民全員がナーバスになっているこの状況で、それを煽るような発言は控えて欲しいものです。