バチェラー4感想 1~3話をダンディな男目線で語ってみた。

目次

バチェラー4感想 エピソード1 注目の出演者は?

ついに始まりました。たった一人の理想の独身男性、バチェラーが、多数の女性の中から真実の愛を求めてパートナーを選んでいく、恋愛サバイバル。バチェラージャパン、シーズン4!今回は1~3話をダンディー目線で見た感想を記事にして行きたいと思います。

※まだ見ていない方はネタバレにご注意ください

4代目バチェラーは黄皓(こうこう)さん。その素顔は?

黄皓(こうこう) さん のInstagramより。

今回バチェラーに選ばれたのは、前回バチェロレッテにも出演された 黄皓(こうこう) さん。甘いルックスと、優しい雰囲気、そして鍛え上げられた肉体を武器に、バチェロレッテの福田萌子(ふくだもえこ)さんに最後の選ばれ続け、最後の2人まで残りました。

今回は、満を持してバチェラーとしての参加。前回手に入れなかった真実の愛を手に入れる為、覚悟を決めて度に参加したと言います。

ルックスも中身もまさにデキる男の 黄皓(こうこう) さん !まさにバチェラーにふさわしいですね!果たしてどんな旅になるんでしょう。

黄皓(こうこう) さん のInstagramはコチラ

バチェラー4には魅力的な女性がたくさん!注目の女性は?

まず思ったのは、女性のレベルが高い!どの女性もとても魅力的で、これまでのバチェラーシリーズと比べても、過去イチと言っていいのではないでしょうか。

そんな女性たちの中から、ダンディー注目の女性を挙げていきたいと思います。

注目女性①休井美郷(きゅうい・みさと)さん

年齢30歳、パン教室の先生だという 休井美郷(きゅうい・みさと)さん。 一般男性はこの方の持つ雰囲気にコロッといかれるでしょう。「あざとい子がきらいな男性って…います?」とハッキリ言ってましたね。はっきり言いましょう「いません」と。

この方は後半まで残りそうですね。いや、可愛いです。

休井さんのInstagramはコチラ

注目女性②坂入みずき(さかいり・みずき)

29歳、アメリカから来た医者の 坂入みずき(さかいり・みずき)さん

一見奥手そうに見えますが、この方の芯の強さは相当なものだとお見受けしました。バチェロレッテに参加してから間がないため、バチェラーに対して、「萌子さんのこと、どう思ってますか?」と逆に試すような質問をぶつけたり、突然爆音でミュージックを流して踊りだしたり。自分を表現する心の強さを持っている様に見えます。

この方も後半まで残りそうだなと感じました。

坂入さんのTwitterはコチラ

バチェラー4 注目の女性は他にもたくさん。

今回は本当にレベルが高く、バチェラーの 黄皓(こうこう) さんも、選ぶのは大変でしょうね。

黄皓(こうこう) さんと知り合いだという、青山明香里(あおやま・あかり)さん、二人の雰囲気はとても合っていてお似合いに見えました。

更に、アニメーション会社に勤務しているという、白川理桜(しらかわ・りお)さん。恋愛未経験だという思い切った告白は、とても好印象でした。ダンディー的予想では、この方も後半まで残る気がします。

ファーストローズを手にしたのは青山 明香里(あおやま あかり)さん

ファーストローズをゲットしたのは、 青山 明香里(あおやま あかり)さん 。トップバッターを一生懸命務めたのがバチェラー的に好印象だった様で、見事ローズをゲット。

圧巻だったのが、ローズを渡すときの 黄皓(こうこう) さん のワードセンス。「僕、実はこれまでローズを受け取るばかりだったので、あげるのは初めてなんです。僕の最初のローズ、受け取って頂けますか?」って言われて嬉しくない女性がいるでしょうか。大変勉強になります。

エピソード1 ローズセレモニー、結局一番印象に残った 嘉瀬美月(かせ・みづき) さん

最後のローズセレモニーでは「しっかりとした決断をしたい」と、 黄皓(こうこう) さん 。

一本一本、女性の目を見て、ローズを渡して行きます。そんな中、印象に残ったのは結構最後まで残っていた2020 LadyUniverse日本代表だという嘉瀬美月(かせ・みづき)さん。

もの凄い自信ですが、「いや、あんたギリギリで選ばれてんで」と突っ込みたくなります。

こういう強い女性も最後の3人ぐらいまでは残る傾向がありますが、今回はどうでしょうね。 番組を盛り上げる為にも外せない存在になりそうな予感のする、嘉瀬美月(かせ・みづき)さん。

今後の活躍に期待です。

バチェラー4感想 エピソード2 いよいよ旅がスタート!

黄 皓/コウ コウ さんのTwitterより

いよいよ旅が始まっていきます。まず最初のデートは全員で汗を流す、競争から始まりました。

「筋肉バカな子がしゃしゃり出てきそう」と、笑顔な休井さん。

いやぁ、可愛いですね。

エピソード2 最初のデート 一本目のローズを手にしたのは 嘉瀬美月(かせ・みづき)さん

壮絶な戦いを乗り越え、ツーショットデートをゲットしたのは、やっぱりこの人、 嘉瀬美月(かせ・みづき)さん

ツーショットデートでは、見事ローズをゲット。これまでの恋愛の事など語っていましたが、強すぎる自信の裏に、一生懸命さが垣間見え、非常に好印象でした。

ローズをゲットして「笑いが止まらない」とご満悦。良かった良かった。

エピソード2 二回目のデート。やっぱり可愛かった 休井美郷(きゅうい・みさと) さん

二回目のクルーズデートでは追加の参加者も現れ、女性たちの戦いは更に激しくなっていきます。

そんな中、ツーショットを勝ち取ったのはやっぱり休井さん。

あんなかわいい子に、童貞なら完全に死んでしまう、真っ白なドレスシャツを着せ、お互いにペイントし合うという何ともロマンチックな遊びを二人っきりで…うらやましい。

ポジティブな一面を見せたことと、お互いの家族の話をしたことが好印象になり、見事ローズをゲット。この勢いで最後まで行きそうです。

エピソード2 ローズセレモニー 発言がいちいちネガティブな小口桃子さんが気になる。

エピソード2 ローズセレモニーでは、デートで絡めなかった女性たちが、一生懸命アピールしていきます。

そんな中、ダンディーが気になったのは小口桃子(おぐち ももこ)さん。抜かれる旅にネガティブなことしか言わないのが非常に気になります。「この子は今回で落ちそう」と思ったら、なんと最後の一本をゲット。

おぉ、良かったやん!と思ったら、「最下位ローズ…」と残念そう。

事前インタビューでもネガティブな一面が垣間見えます。お酒を飲んで道で寝ていたりすることがあるそう。飲み過ぎずに頑張ってもらいたいです。

バチェラー4感想 エピソード3 これまでのバチェラーとは一味違う、大人な展開にびっくり!

2話が終わり、今のところ大満足の内容ではないでしょうか。女性のみなさんは素敵だし、なによりバチェラーの黄皓(こうこう) さん、すべての女性と真摯に向き合って、女性の本音を巧みに引き出したかと思えば、女性に対する言葉の選び方も完璧。いったい誰が好みなのか、全く読めないのが非常に面白いです。

エピソード3では、どんなデートが待っているのでしょう。

ヘリでのツーショットデートお相手は桑原茉萌(くわばら・まほ)さん

ヘリでのツーショットデートに選ばれたのは、インフルエンサーの 桑原茉萌(くわばら・まほ)さん。 この方は自信に溢れていて、とても素敵だなと思います。

「あんなピンクのアタマの子、彼女にしたいと思います?アハハハハ(笑)」と休井(きゅうい)さん。今日も可愛いですね。

「どう考えてもこのメンバーでツーショットデート行きたいの、わたしやんけ」と、勢いでみんなに言っちゃう当たり、少しお子様感がありますが、デートの後半では、バラ越しのキスからの必殺「おかわりおねだり返し」という、とんでもないワザを駆使して、黄皓(こうこう) さんを翻弄していました。

「キスした時の自分の感情を知りたかった」と、 黄皓(こうこう) さん、「嬉しい、照れる、彼女の恋した時の表情を見てみたい」と言ってましたが、やっぱりどこか 桑原(くわばら) さんを子供扱いしている様な感じがします。

バチェラーなら何してもいいのか!?中野綾香(なかのあやか)さんとのデート

二回目のデートではとんでもない、ダークホースが現れます。その名も中野綾香(なかのあやか) さん。この方はダンディもまったくノーマークでした。

料理対決で見事 黄皓(こうこう) さん の胃袋を掴んだ中野さん、その後のツーショットデートでは、 休井さん に勝るとも劣らない、とんでもないあざとさでした。いやぁ、可愛いですね。女の子ってバスタブの中では滑るんですね。

余談ですが、先生にココアぶっかけたシチュエーションがどんな状況だったのか気になります。

花火のプレゼントからのローズをゲットしただけでなく、ディープキスからの、黄皓(こうこう) さんの「カーテン、シャッ!」が出て、夜の室内に二人で消えていく。と言う衝撃展開に。

これまでのバチェラーではありえなかった欧米的な展開にびっくり。今日だけで、二人とキスしてしまった 黄皓(こうこう) さん 。真剣に相手を探す為って言ってますが、こんなことして大丈夫なんでしょうか…

それにしても 黄皓(こうこう) さん 、なんちゅう身体しとんねん…ムキムキやないか。

ローズセレモニーでは、早々に嘉瀬美月さんが終了。もっと観たかった…

ローズをゲットして、余裕のはずの桑原茉萌(くわばら・まほ)さんですが、中野さんの醸し出す圧倒的余裕にだいぶ危機感を抱いてました。やっぱり女性は非常に勘が良いですね。その嫌な予感、当たってますよ。

ところで、今回のローズセレモニーでは、ダンディ的に後半まで残りそうな、イチオシの藤原望未(ふじわらのぞみさん) とのツーショットもありました。

この方は綺麗なだけでなく、「待てる」と言える懐の深さが、良い奥さんになりそうな雰囲気を醸し出しています。「必ず時間を作るから待ってて」とバチェラー。この方とも、今後どうなっていくのか楽しみです。

そして、今回お別れする事になったのは、小口桃子さんと嘉瀬美月さんでした。

小口さんは順当に感じましたが、嘉瀬さんはダンディー的には衝撃でした。

この方はもっと観たかったな…

最後のインタビューでは、号泣しながらも「凄く成長できて、本当に良かった…」と加瀬さん。次こそは素敵な恋愛ができる事を願ってます。

バチェラー4 1話~3話を観た人の感想

次回は、波乱の回になりそうな予告でした。まぁそらそうでしょうよ。

エピソード4の感想も、公開後に作成し投稿していきますのでお楽しみに。

関連記事