バチェラー4感想 第6話をダンディ目線で語ってみた。

バチェラーが多数の女性の中から真実の愛を求めてパートナーを選んでいく、恋愛サバイバル。バチェラージャパン、シーズン4。今回は6話をダンディー目線で見た感想を記事にして行きたいと思います。

バチェラー4を観るなら、Prime Video

恋愛リアリティーショーがお好きな方はabemaTVもおススメです。

バチェラー4感想 第6話 プーケットでの最後日々はどうなっていくのか。

今回のテーマは”覚悟”

次回は彼女たちの両親に会う事になる、中途半端なことは出来ない。覚悟をもって一人一人と向き合っていきます。とバチェラー。

回を重ねるごとに、選択は難しくなっていくと思われますが、プーケットでの最後の日々はどうなるんでしょうか。

最初のデート。日記千切りで明暗が分かれる

最初は中野綾香さん以外の4人でグループデート。秋倉さんと藤原さんの水着美女二人に挟まれるバチェラー。非常に羨ましいです。とはいえ、会話の内容はお互いの家族についての真面目な会話でした。

お絵描きデートでは、女性たちにそれぞれ「地元の絵」を描かせていましたが、絵の中に「一緒に通りたい道」を作っている休井さん、流石でした。

その後、ツーショットを勝ち取った休井さん。気持ちを確かめたいと、不安な気持ちを隠せないバチェラーに、必殺「日記千切り」で、自分の気持ちを隠さずぶちまけます。あんな可愛い女性に「コウさんじゃないと幸せになれない」なんて言われて、嬉しくない男性がいる訳がありません。

という事で、しっかりキスをして気持ちを伝えるバチェラー。完全にキスが当たり前になりましたね。休井さんも満足そうでした。

前座が終わり、メインのツーショットデートは、日記千切りでリードされてしまった中野綾香さん。「最初にキスをされたことで大変だった」的な発言から、少し雲行きが怪しくなります。

不安を共有したい、支え合いたいと思うコウさんと、もっと安心させて欲しい中野さん。ここで少しズレが生じたように見えました。

我らがのんちゃんが、起死回生の「大好き」

最後は全員でグループデート、非常にいい雰囲気でみんな楽しく食事している中、少し不安な中野さん。

そんな中、ツーショットを勝ち取ったのは、我らがのんちゃん。ここでしっかりお互いの覚悟を確認できないとヤバい場面です。

しっかり、好きだと伝えるバチェラー。のんちゃんもしっかり気持ちを返して、コウさんはのんちゃんの大好きをゲット。嬉しくなって頭をなでなでしていましたが、少しのんちゃんの腰が引けている様に見えたのは僕だけでしょうか。

ローズセレモニーでは、辛い決断に…ここまで来ると、みんなが大好きなバチェラー

ローズセレモニー最初のツーショットは秋倉さん。バチェラーに「大好き」と伝えていましたが、コウさんに対して、本当に恋をしている感じが非常に好印象で可愛らしかったです。友達の関係から、完全に男女の関係になりましたね。2人は凄くお似合いだなと感じます。

リムリムとのツーショットでは、好意を伝えてくれるリムリムにどこかハマらない感じでしたが、休ちゃんと、のんちゃんは二人の表情にリラックスが見え、しっかり次が見えている感じでした。

そして、最後までコウさんに安心させて欲しかった中野さん。今この段階では何とも言えないバチェラー。ここで二人の気持ちが離れて行ってしまった様に思います。

もしもここで中野さんを安心させてあげられたら、完全に一夫多妻制行きです。コウさんは覚悟が足りなかった。と言っていましたが、逆に覚悟と誠実さを持っていたからこそ、中野さんを安心させてあげられなかったというのが本音かと思います。

ローズセレモニーでは非常に悲しい別れになりました。バチェラーもキツそうで、だいぶ人間臭くなってきてましたね。苦しそうなコウさん、男の僕でも抱きしめてあげたくなります。

ローズを渡されなかったのは、中野綾香さんと李起林(いぎりむ)さん。

特に中野さんとは、一瞬でも心が通じ合っただけに、非常に悲しい別れになりました。最後はコウさんの謝罪を最後まで聞かず、「もういいよ」と抱きしめた中野さん。いや、それ、それなのよ。コウさんきっと、それが欲しかったのよ。

とはいえ、最後に選ばれるのは一人だけ、まだまだ旅は続きます。今後も更に辛い別れが予想されますが、みんな頑張って欲しいです。

みんなの感想

バチェロレッテの最後のところもう一度見てみたけど、黄さんの表情が全然生き生きしてない!!バチェラーの方が向いてたんだなぁ。バチェラー4では100万倍輝いてる!!

笑 萌子さんは誰にも恋をしていない

それが辛くて泣いてたんだろうなぁ。 次のバチェロレッテはあゆねぇかな

バチェラー4、私は休井さんがかわいくて好きなんだけど、夫は「あの手の人とは全く合う気がしない。一瞬で嫌われる気がする」って言ってて、確かに休井さんとわたしには1ミクロンも共通するところがないし、休井さんが着てるような服ってどこに売ってるのか検討もつかない

バチェラー4、第4話神回すぎた コウコウさん本物のリーダーや求心力がカンストしとる 誰の心に寄り添うべきか、何を自分が話すべきかわかりすぎてる。 まじで面白い


今回のバチェラー、キスし過ぎって批判?あるけど、特殊な環境だと理解してるからこその向き合い方。 どちらかと言うと黄皓さん自身の心の確認になったと思うけど、有りだと思うな。不誠実なキスでは無いかと。 普通の環境でやってたら不誠実の塊だけど

違うでしょ

コウさんに対しても、いろんな意見があります。ダンディ的には、非常に誠実でカッコいいなと感じます。今後もコウさんの振る舞いからいろいろ勉強させて頂こうと思います。

次回はいよいよ女性達の家族に会いに回。どんな展開になるのでしょうか。本編放送後、感想の方も上げていきますので、良かったらチェックして下さい。

関連記事