芸能

イッテQヤラセの祭り11個まとめ。どうしてTVはヤラセをしてしまうのか…??

最近では、日本国内を周り、国内の魅力を伝えることに一躍買っているイッテQ。長年愛されているこの番組ですが、過去には、ヤラセ疑惑で大炎上したことがありました。

『イッテQ!』の全祭りを検証、11個が存在を確認できず

海外ロケならではの予測不能なハプニングや出演者のリアルな反応が人気となっている『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。平均視聴率20%を超えるこの国民的バラエティー番組に、やらせ疑惑が浮上した。今、番組のファンからは「あの祭りはガチだ」「いや怪しい」という声が聞こえる──本誌・女性セブンが徹底調査した。

 女性セブンが日本テレビへ質問状を出した数時間後。『世界の果てまでイッテQ!』(以下『イッテQ』)の番組公式サイトに異変が起こった。第1回から直近の放送分(#1〜#406)の内容が閲覧できていたのだが、突然、一部が削除されたのだ。この謎解きは──。

「問題発覚後の放送の視聴率は16.6%でした。ここ1か月では最低の数字でしたが、それでも高い。根強い人気を誇っていることがわかりましたね」(芸能関係者)

 11月11日放送の『イッテQ』は、手越祐也(31才)がペルーを訪れ巨大な地上絵を描き、女性お笑いコンビのガンバレルーヤがフィリピンでジンベエザメと泳いだ。世界各地へ赴き、過酷なロケを敢行するいつもと変わらぬおもしろさ──。しかし、番組終了まで「疑惑」に触れることはなかった。

「謎とき冒険バラエティー」と銘打ち、出演者が世界各国で体を張ったチャレンジを行う『イッテQ』。その国民的バラエティー番組に「やらせ疑惑」が報じられた。

『週刊文春』(11月8日発売号)が「デッチ上げ」と報じたのは、同番組の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」で、今年5月20日に放送された「橋祭り」。東南アジアの小国・ラオスで、水上にかけられた全長25mの板を橋に見立て、4つの動く玉を避けて、自転車で橋を渡りきる「橋祭り」に宮川大輔(46才)がチャレンジした。

 日テレは「やらせ」を否定したが、その後、ラオス政府が対応を検討すると報じられ、騒動は収まる気配がない。

newsポストセブン

イッテQヤラセだけじゃない。宮川大輔のあの頑張りは本物!?

 放送開始から11年9か月。視聴率は右肩上がりで、ここ3年は連続で年間平均視聴率トップの座についている。同じ時刻に放送されるNHK大河ドラマよりも視聴率が高く、多くの人気企画が生まれた。

 なかでもイモトアヤコ(32才)が世界各国の動物と接する「珍獣ハンターイモト ワールドツアー」や、出川哲朗(54才)が世界のセレブをアポなしで直撃する「パパラッチ出川」などガチンコ企画が売りで、みやぞん(33才)ら新スターを輩出した。

◆海外の主要メディアにも報じられたガチンコ

 とりわけ人気の高い企画が、2007年3月にスタートした宮川の「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」だ。

 青い法被にハチマキ、足袋姿で「お祭り男」に扮した宮川が各国で開催される祭りに参加し、「アカーン!」「ワッショーイ!」などリアクションを見せながら奮闘する姿が、視聴者を釘づけにする。

 企画4回目となるイギリス・グロスター地方で200年以上の歴史があるとされる「チーズ転がし祭り」では、日本人として初参加。丘の頂上から丸いダブルグロスターチーズを転がし、それを追いかけて順位を競った。

 傾斜が26~45度ある丘を全速力で駆け降りるため、宮川は転倒。そのままの勢いでゴロンゴロンと地面を七転八倒しながらも、見事に2位でゴール。

 その模様はイギリスの全国紙で報じられたが、宮川の名前が《Daisuki Miyazawa(ダイスキ ミヤザワ)》と紹介されるというオチがついた。

 宮川が必死の形相を見せながらガチンコで向かっていく姿がウリだけに、「やらせ疑惑」にファンは「あの頑張りがやらせのはずがない!」「番組をやめないで」と続々と声を上げた。なかには「キチンと調べて汚名をそそいでほしい」と切実に訴える人もいた。

「『イッテQ』の『祭り』企画は規模が大きくて伝統的な祭りだけでなく、小さな村で行われる祭りや名もないコンテスト、催しも扱ってきた。日本でいえば、『〇〇町1丁目だけのお祭り』というレベルだけに、知っている人を探す方が難しいものもある」(バラエティー番組関係者)

 そこで女性セブンは、『イッテQ』の疑惑を払拭すべく、過去の祭りを調査した。番組公式サイトから「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」の放送116回(宮川以外が参加した祭りも含む)を抽出し、その祭りが存在するかを現地人に取材したほか、インターネット上でも情報を集めた。その結果、企画スタートから約5年間はすべての祭りの存在が確認できた。また話題を集めた人気企画の多くも実在した。

 しかし、女性セブンではその存在を確認できなかった祭りが『文春』に報じられたラオスの祭りを含め11あった。

newsポストセブン

イッテQの「祭りシリーズ」で、また「アカーン!!」が見たい!

DSC_0009

その11の祭り中、7つがタイ近郊での祭りだった。例えば、2013年3月3日に放送されたタイ・コークモウの「水瓶祭り」。浮き輪を装着した水瓶を川に浮かべ、それに乗るレースだ。

 手越と宮川の絶妙なかけ合いで人気回だった昨年2月12日の「カリフラワー祭り」も同様だ。二人三脚でカリフラワーを収穫する競技だが、突然、あらわれる泥のプールに違和感をおぼえなくもない。

 その「カリフラワー祭り」が13日午前3時頃、突然、番組ホームページの放送内容から削除された。しかし、同日午後1時には再び記載される異変があった。

 削除された理由を日本テレビに質問したが、回答はなかった。番組関係者はこう言う。

「今回、ラオスの祭りを局に提案したのはタイのコーディネート会社。116回中、20以上もタイの祭りがあるので、その会社が他の祭りにもかかわっていないか調べているようです。実際、使用されている旗などの小道具が酷似している祭りが多数見つかっており、“使い回し”疑惑も出てきた」

 日本テレビに「確認できなかった祭り」についても質問すると、「現在、番組の『祭り』企画について調査中です」(広報部)とのことだった。

 小学生から大人までみんなが日曜8時を楽しみにしている。「アカーン!」な祭りはなくして、これからもガチンコ祭りを見せてほしい。

newsポストセブン

「動画」【イッテQ】やらせ疑惑のある祭り企画11個まとめてみた

『イッテQ』ほか“許されないヤラセ番組”が量産される背景

女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が自殺するという悲劇を招いた恋愛リアリティ番組『テラスハウス』(フジテレビ系)や、出演者が「台本を渡された」と告白したドキュメンタリー番組の『ザ・ノンフィクション』(フジ系)など、「テレビとヤラセ」の問題がクローズアップされている。

 過去には2013年に対決バラエティ番組『ほこ×たて』(2011~2013年・フジ系)で、ラジコン対決の回で敗退した出演者がヤラセ被害を告発、番組は打ち切られた。

 この問題点は、『テラスハウス』にも通じる「出演者が傷ついてしまった」ということだろう。「真剣勝負だと思って参加した出演者にヤラセをさせたため、傷つけて告発に至ってしまった」(テレビ関係者)

 2018年には『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)の人気コーナー「世界の祭り」で、一部の祭りは現地コーディネーターが番組のために用意した「架空の催し」だったことが判明し、企画の中断を余儀なくされた(2020年3月に企画再開)。

 同じ紀行企画でも、前人未踏の秘境探索のはずが先にカメラマンがいた『川口浩探検隊』(1976年~1986年に放送された『水曜スペシャル』・テレビ朝日系)と『イッテQ』とでは何が違ったのか。

『世界まる見え!テレビ特捜部』や『恋のから騒ぎ』など、数々の人気番組を手がけてきた元日本テレビプロデューサー・吉川圭三氏が語る。

「『イッテQ』はイモトアヤコの登山企画など、リアルさを前面に出して成功してきました。しかし、祭り企画も“ガチで挑戦している”という作りにしてしまったので問題になった。昔の番組は最初からリアルさをアピールしない遊びがあった。そこが根本的に違うんです」

 この指摘は、紀行バラエティ番組『クレイジージャーニー』(2015~2019年・TBS系)にも当てはまる。希少生物を捕獲する旅に同行する中で、ロケ前に準備していた生物を、“あたかもその場で発見したかのように”放送していたことがわかり、打ち切られた。

yahooニュース

2016年にギャラクシー賞を受賞したこともあり、どこかで“しっかりしたドキュメンタリー感”を出すようになった。いま思えば、怪しげな紀行番組というスタンスを貫くべきだったのかもしれません」(TBS関係者)

 同じく「珍種の新生物」を追い求めた番組としては、「人とチンパンジーの中間に位置する未知の生物」という設定のオリバー君が登場した『木曜スペシャル』(1973年~日テレ系)が挙げられるが、「『クレイジージャーニー』と違い、オリバー君の場合はそもそも新種だと信じている視聴者が少なかった(笑い)。真面目に追及すること自体がバカバカしい作りになっていた」(テレビ局OB)。

テレビが権威を持ってしまった

 元日テレプロデューサーで『中居正広のブラックバラエティ』や『全日本プロレス中継』などに携わった京都芸術大学客員教授の村上和彦氏は、昨今の番組が「視聴者を絞りすぎている」点が問題だと指摘する。

「『テラスハウス』にしても、それがリアルだと信じてしまう若い視聴者層に向けてのみ作っている。リアルとグレーのギリギリを攻めて、『くだらないけど本当っぽいな』と大人の視聴者に思わせる演出力が不要になってしまった。だから『リアリティ』という言葉の“含み”まで表現できない。

 結果、『騙された!』という若い視聴者によって大炎上して、番組側も後手に回らざるを得なくなる。テレビが世帯から個人のものになった現代では仕方ない部分もありますが、少なくとも大人も見ている可能性があるということを想定して作っていれば、安易にリアルっぽさを売りにしなかったはずです」

 虚実の境目を“ボカす”演出力の欠如──それもまた、「許されないヤラセ番組」が量産される一端なのかもしれない。吉川氏がこう話す。

「言ってしまえば、テレビが権威を持って、作り手も視聴者も“まっとうなもの”だと勘違いしてしまったんですね。コンプライアンス重視の風潮もそれに拍車をかけた。

 でも、テレビは本来、遊びがあって、そんなに崇高なものじゃないんです。そこに立ち返らないと、同じことが繰り返されると思います」

yahooニュース

まとめ

いかがでしたでしょうか??個人的には、テレビ番組もYouTubeも、ヤラセでも全く問題ないと思います。

特にバラエティ番組は、ちょっと過激でありえないくらいの方が面白い。と思います。一部のアンチが騒いでも、大半はこの意見なのではないでしょうか。

ヤラセだろうが、何だろうが、エンターテイメントだと割り切って楽しめないなら、見ても面白くないんではないかと思います。